情緒不安定な時に全てをぶつけられる電話占い

電話占いは、ぶっちゃけ生理前になると利用してしまいます。生理前の情緒不安定な状態の時には、頼る先は電話占いぐらいしか思いつかないこともありますので。だって、リアルな知り合いにこの生理前の情緒不安定な気持ちをぶつけるわけにはいきませんからね。「面倒臭い人だ」と距離を置かれて終わるだけです。

そしてこのような情緒不安定な気持ちの中では、知り合いに悩み相談をすることだってダメなわけです。先にも言いましたように、相手の気分を害したら距離を置かれてしまいますからね。そしてだからこそ、頼る先は電話占いとなるのです。

なぜなら、電話占いはお金を払って受けることができるサービスですから。つまりビジネスとして相談を受け付けていて、そして占いをしてくれるのですから。占いの観点からアドバイスをしてくれるのですからね。

主観だけで助言を述べられるよりもよっぽど受け入れることができますよ。電話占いでは、まあ当たり前ですけれど、占いの結果からアドバイスをくれますから。ですから受け入れられるのです。

これで主観のみからアドバイスをされたとしても、素直に受け入れられないこともあるでしょうから。それは私にも問題があるのでしょうけれど、「あなたは幸せだからいいでしょうけれど、私はこんなに辛いんです」「それに、そんなにポジティブに解釈しないでよ!」などと思ってしまうひねくれた気持ちがありますからね。

しかしこのような情緒不安定でひねくれた気持ちで悩み相談にのぞんでも、優しく受け入れてくれる先があるんですよね。それがまあ電話占いです。そしてアドバイスは占い鑑定の結果をもとに行ってくれるというものですから、スッと納得できるというものでしょう。

とくに自分と相性のいい先生でしたら、「なんでそんなこともわかるの?」と驚いてしまうぐらいに見えていますからね。私が一から十まで説明する必要がないほどに、状況が見えているようでだからこそ説明もそれほどしなくていいので楽なのです。

そしてなおかつ深夜でも朝方でも、待機している占い師の先生は誰かしらいるものですから、非常に頼りになるのです。これで友達に夜中や早朝に電話をかけてしまいましたら、それこそ疎遠にされるというものですから。そもそもとても非常識なことですからね。

家族にしましても、他人からしてみたらつまらない悩みを告げるわけにはいきませんから。ですから悩み相談する先は、電話占いとなるのです。とくに生理前の不安定な気持ちの中では、電話占いはとても頼りになるサービスですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です